離婚相談110番トップページへ
離婚相談110番トップ>

【離婚相談110番】当社概要

名称 離婚相談110番
代表カウンセラー 澁川 良幸
主席カウンセラー 川島 久幸
所在地 【東京カウンセリングルーム】
〒150−0046
東京都渋谷区松涛1−4−8 松濤EAST 502号室
電話 03-3468-8066(カウンセリングルーム)
【面談・カウンセリングルーム・研修所】
web地図  当社案内図(道順)

東京カウンセリングルーム外観

【東京連絡オフィス】
〒107-0052
東京都港区赤坂2-10-15 宮原第2ビル 3F
電話 03-3224-1890(代表) FAX 020-4622-0401
所属及び関連団体 あおば総合サービス
JACA 日本アドバイザー&カウンセラー協会
日本ITグループ
登録カウンセラー 12名
URL http://www.rikon110.com
メール info@rikon110.com

当社にコピーがない理由

当社にはあえてコピー機を置いてありません。

個人情報保護の観点からあえてコピー機を置かない。
もちろんそれが一番の理由です。

それじゃあ、書類やら資料は一切コピーしないのか?
また、受け取らないのかというと、そんなことはありません。

検証させていただかなくてはならない書類や資料は受け取りますし、長いお付き合いになるご相談者の場合は、問題が解決するまで保管させていただくこともあります。

でも、私の今までの社会経験から、人間って便利なものは使いたがる傾向にあるということがよくわかっているのです。

要するに、コピー機などがすぐそばにあると、なんでもかんでもコピーしてしまいがちです。
必要の度合いを確かめもせずにコピーしてしまうのです。

私のポリシーとして、ご相談者様の安心・安全を最優先しなければいけないと思っています。
ですから、必要な書類や資料は、ご相談者様に自ら書いていただくか、コピーをご持参いただくことにしています。
例外中の例外として、書類や資料をお預かりして検証させていただくなりコピーを取らせていただくこともありますが、これは極力避けるようにしております。

カウンセリングやコンサルティングを行う上でより良い結果を出すために必要であれば、書類や資料をご提出いただくこともありますが、それはあくまでご相談者様に能動的にご提出いただくものであって、私共が気軽に行って良いものではないと考えています。

ですから、当社には、シュレッダーはありますが、コピー機は置いてございません。
物理的というよりも、ご相談者様のお悩みやお立場を自分のものとして考える当社のポリシーとして、自分たちへの戒めとして、小さいことですが、あえてコピー機を置かないようにしております。

9月22日(金)より、
「カウンセリングルーム」が渋谷へ移転しました!! → 詳細はコチラ
新・住所:〒150-0046 東京都渋谷区松涛1−4−8 松濤EAST 502号室
新・受付電話番号:03(3468)8066

◆ 離婚相談110番トップページへ
離婚カウンセリング予約カウンセリング料金のご案内カウンセリング料金のお支払いご相談いただいた方達の声
離婚相談110番のカウンセリング実績良くある質問Q&A離婚相談110番主催者プロフィール当社概要離婚方法の種類について
子供のいる離婚離婚にかかるお金について離婚前後の手続きについて年代別の離婚訴訟には法廷離婚原因が必要
離婚に役立つ実践的レポート 離婚相談110番カウンセリングルーム 現在の予約状況 電話による受付時間離婚相談110番リンク
離婚相談110番サイトマップ特定商取引法に基づく表記